• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2011年1月

髪の毛の乾燥にもご注意を !!

寒い中、大雪と乾燥、両極端に分かれている変な天気の日本列島です。肌も、髪の毛も、乾燥は大敵。適度な潤いが大切です。

■肌にハリと潤いを
皮膚の表面を保護する皮脂腺は、皮膚の水分の蒸発を抑え、適度の潤いをもたらして若さを、また皮膚を弱酸性に保ち、細菌の繁殖を防いでいます。
皮脂の分泌量は女性では30代後半から40代で落ち込みがみられ、それにより皮膚の含有水分も低下し、乾燥肌(ドライスキン)を起こしやすくなります。皮膚の乾燥は肌荒れを起こし、女性の大敵"シワ"の発生にもつながります。

■皮膚がカサカサしてかゆ~い!!
乾燥肌(ドライスキン)というと女性だけの問題と思われがちですが、男性の場合も注意が必要です。乾燥肌が原因の『皮脂欠乏性湿疹』と呼ばれる乾皮症は、腰回りや膝から下などにかけて皮膚がカサカサになり、かゆみを伴う湿疹ができるのが特徴です。
比較的若い年代でも必要以上に身体の脂や垢を洗い流してしまうと、皮膚本来の防衛機能が低下して皮膚が乾燥しやすくなるので、入浴での"洗いすぎ""こすり過ぎ"にはご注意を。乾燥肌(ドライスキン)の予防対策のポイントは、皮脂腺を大切にすることです。また、かゆみや湿疹がひどい場合は、早めに皮膚科で診察してもらいましょう。

■髪の毛の地肌のお手入れもお忘れなく
入浴時は石鹸でこすり過ぎずに、泡で流す程度にしましょう。刺激の少ない洗剤・シャンプーを使用ことも大切です。弱酸性で肌にやさしい三恵製薬のテタリスシャンプーの使用をお勧めします。
長湯、飲酒、辛い物の摂取は血行を良くし、かゆみを引き起しやすいので、できるだけ控え目に。電気毛布、エアコンでの暖房は長時間使用を避けましょう。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/616

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535