• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2013年2月

春待つこの時季

少しずつ春の兆しですね。

どんどん梅が開いて、日がのびて。もっと気温が上がってくれないか、と待ち望みです。

弥生三月。震災から二年目の三月です。

あれから二年。

何でも発することは簡単ですが、起こすこと動くこと変えることは、厳しい難しい。

しみじみ思う二年です。

ここ都心での生活は、すっかり以前のように送れている状況。

用心することや遭遇したことを忘れているわけではないけれど、

年月の経過はあらためてすごいなと思わせられます。

先日見た番組で 「被災者」いつまでもそう呼称され続けるのはいやだ、という声を聞きました。

目に見えて直していくこと以上に考えさせられる内容です。

ちょうど、生活が変わる季節。春を待つ季節。 この時期になったら普段は思いが及ばなくても、

暮らし方のこととか、たいせつなこととか、そうでもないことなど、をよく考えたいなと思います。

これから、梅、桃の花、桜、と開花前線が北上していきます。

冬が長い土地には、それこそ耐えて待ちわびての春です。

日常の明るくなるお知らせやニュース情報が増えてゆくといいですよね。

花粉症に悩まされの方、軽減対策に奮闘してどうぞお大事にお過ごしください。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/746

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事