• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2013年8月

年の頃合

九月も間近になり、風が変わりました。
あんなに賑やかだった蝉も減り、
リーンリーンと涼やかな音色に聴こえる虫たちに切り替わりました。
季節の移ろいっていいものですね。

夏から秋への移ろいには、やっぱり少し寂しさが伴いがち、でしたが、
近頃では安堵感になってきています。自分の感じ方の変化を感じます。

個々人の感じ方は千差万別ですが、年代的なものもあるのか。


年代別。順位決めやアンケート等の場面でよく振分されるもの。
この年代別。どういった場面においてか、によっても
その内容や分けられ方も、色々です。

例えば、マラソン大会の場面。
この場合、事前の登録内容からなので、まず正確な年代別と思われます。
発表される年代別順位や参加者の傾向といったものは確かなもの、
と信頼度を高くおいている項目です。
わたしのラン仲間の中には、年代別入賞という人もいたり、
年代によってスタートやゼッケンが異なる大会もあったりと
年代別という枠を意識させられるカテゴリーとなっているんです。


また、アンケート等でのデータに用いられる年代別。
これは、結構、前後幅がありそう、と読みます。
年代の記入にみんながみんな正確書き込みされているか、
分からないところでありますね。

お店展開など商業的なところでは、このデータが重要だったりします。
同じ系列のお店でも、陳列・品揃えが違っていたり、というのがそれですよね。

コンビニではお会計時に、性別や年代別入力をしているという話ですが、
これ、キャッシャーの視点一任なんですよねえ。
「わたしはどこに見られているのかしら・・・」などと、
チラっと思ったりもして。

近頃のハイテク自販機だと、お薦めしてくるんだとか。見合った飲料を!
自販機に見られる。風貌から、性別・年齢を識別しお薦めする!
まだお薦めをされたことがないわたしは、いつかお薦めされてみたい
と楽しみです♪ 日本って本当スゴイですね。


今は、実際の年齢に見えない方々も多く(そこに努力があってもなくても)
簡単に振分、まとめなんて難しそう、と思います。
しかも、年代の意識ももうそれこそバラバラ。
こうあるべき、というのなんて無いですね。


歳だ年代だに囚われることなく、でも自覚も持って年々またいでゆく。
年代が変わったことがこの頃になってやっと、納まるようになってきた自分です。
だからって妙な納めどころをつくらずに、ムリのない努力注力でよい頃合を~。


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/796

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事