• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2013年10月

後味のおいしさ

今年も残り2ヶ月ちょっと。
秋らしさも深まり、芸術、スポーツを存分に楽しめる季節。
シーズン開幕です。それは、スポーツの話で、
フィギュアスケートもですし、マラソンシーズンです。

今シーズン最初のフルマラソンレースに参戦してきました。
記録の話で言うと、よろしくない内容で、
当然といえば当然の結果で、自分を思い知らされます。
やればやっただけきちんと返ってくるし、
積み重ねがなければすぐに元に戻ってしまう。
スポーツに限った話ではないな、と思います。
何においてもそうですね。

今回の参戦したこの大会、自分の結果は置いておいて、
大会運営に感動してきました。
ボランティアの方々の動きとお気持ちが、とても快く、
自分自身がうまくいかなかったのにも拘わらず、
後味のよい遠征として残るものになりました。
これって凄いことだな、と思います。

まだ回数をそんなに重ねていない大会。
前日までが雨で、開催も危ぶまれた中で
足場がよくない状態にはシートが敷かれ、
切らすことの無い給水・給食の数々。
「おもてなし」を受けてきました。
業務だからというものではない、是非に召し上がれ
という笑顔をたくさん頂いてきました。
こういうものって伝わりますね。

レース後の荷物受取りにおいては、
ゼッケン番号の伝言リレー形式で、一切待つことなく
自分の荷物を持って来ていただけて。
これは初めてのことではなく東京マラソンの際にも
感動したことだったのですが、
なぜだか今回新鮮に久々に感動してしまいました。
その出し方、対応の仕方によるものではないかと感じました。


どんどんと増えていっている地方開催でのマラソン大会。
町をあげての大イベント。
その町や、はたまた県民性の評判にまでつながる。
盛り上げるってこういうことなのか、と関心してきた次第です。

「気持ちよい運営をありがとう」
「来てもらってありがとう」
ありがとうが重なって重なって。
あらゆる場面がこうなら理想的なんですけどね。

大きな話をすると気持ちもでかくなりますが、
さて記録。 
自分をきちんと追い込むことも詰めねばな。
などと深まる秋に、深刻にならない程度で深めてゆきたい。

苦くも甘くもじっくり深い秋を愉しみましょう。

 


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/806

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事