• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2014年1月

その一面を刻み出せ

2014年。午年。
今年がスタートし、早くもひと月経過しようとしています。
ご挨拶が遅くなりました。
本年もどうぞご愛用のほど、よろしくお願い申しあげます。

今年はどんな風に流れて、どんなものが流行るのか。
どんな顔が台頭してくるんでしょう。
ここのところ、地域キャラ的なものがすっかり人気を博しています。
わたしも好きです。不思議キャラクターたち。

顔は語る。それがなんとなく分かるようになってきました。
自分なりにですけど。
やはり、顔。
イケメン、美女、そういう話ではなくて、
顔とは、造形パーツ的なものとは別に
内面や人生が現れるものだな、と。

若い(何歳くらいまででしょうか)うちは、まだ
そんなにそれがあらわにはならないように思います。

昔、母が「のど自慢番組は、歌を聞くだけでなく
その人を見るのが面白い。」と言っていたのを思い出します。

たった一度のぱっと見で決め付けるのはもったいない。
何度か会ううちに、よく話すうちに、意外なことも分かってくる。
でも、第一印象ってあらゆる場面でとっても大きい。

作ろうと思って作れないのが、これまでの生きてきた年輪。
長く連れ添ったご夫婦が、顔つきや雰囲気が似通ってくるのは
こういうところからなのでしょうか。
同じ思いを同じような回数重ねてきて、それが似てくる。
よいところもそうでない所も。

知り合いでなくても、お店の人だったりに
「あ、この方のこの空気感、」こういうお顔ができているんだなー
と、ふいに思ったりします。
柔らかい人、穏やかな人、頑なな人、攻めな人。
たとえその方の一部分だとしても、チラリ歴史が垣間見れるような。
そんなふうに捉えると面白い。

でもメディアの世界の人々は、また別物。
完全に作り上げられたキャラクター。
ネットの世界やSNSも無限で便利で楽しい。

一生涯のうちに関わりがもてる人も無限。
そんな直接に関われる人とは、せっかくだから
お顔を捉えての関わりにしていきたい、と思うのです。

「友達100人できるかな♪」という歌、ありますが
100人のうちの何人と関わっていけるかな
そんな面持ちで、年輪刻み眺望したい2014。


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/813

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事