• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2014年3月

美しいより強く咲く

桜前線、順番に北上中の春。

震災から三年の春。東北の桜は、美しいよりも強い、のだという。
関東はいま五部咲きになろうかという頃合です。
日毎に暖かくなる季節は、心も軽やかになってきて
うきうきしてきます。

軽やかになるのが心だけでなく、
身体もならいいのだが、と感じております。
自分ではリズミカルに俊敏に動いている、
つもりのようです。これが。
ここのところ、いまひとつ思っている通りに
動けていないという時期にあるようで。
身体というのは不思議で、そして正直なものなのだな
と、あらためて実感することの連続。

気付かないでいる疲労の蓄積、怖いものです。
どこか不具合が出ると、それに弾みがついたように
あっちもこっちも不調の連鎖が生じてみたり。
今の自分を良く知ること、ここがいちばん重要ですね。

コアトレーニングを習って鍛えているつもりの
わたしでありますが、
核(体幹)を鍛える難しさを思い知っています。
それと、脳からの指令を身体の動きに落とし込む
という連動の難しさも。
なにしろ思い込みが多いわたしなので。
身体機能の向上と脳トレーニングは繋がっているものですね。

かたちばかりが見真似で出来たつもりでもダメで、
本筋と意味が分かっていないとものにならない。
コツを掴めれば、難しいことでもない。
なんにおいても、そうだと思うのですが、
身体で表すものは顕著に出てしまいますね。

今までクリアできないでいたことが、
ある時やれてしまい、そこからはもうクリアの連続、
このことをブレイクスルーと表すらしいですが
早くブレイクスルーが訪れないかと待ち望み。

桜開花とは訳が違うので、待ち望むというのは違いますね。
待っているんじゃいつまで経っても訪れない。
自ら掴みに挑むもの。
美しいよりも強く開花させてみせる。


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/816

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事