• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2014年4月

やがて体をつくるもの

ツツジの各色が華やかに咲きまくり、新緑が青々としてきました。
いい季節です。どんどん色濃くなってくるこの季節、
夏ほどギラギラしていなくて、好きな季節です。

躍動感あふれるものは視覚からも気持ちがみなぎってよいですね。
植物もだし、赤ちゃんや幼児の成長も。
4月、新人さんだけでなく新環境での新たな方々の動向も。

大人になると成長が分かりにくい、
はたまた成長なんてしていないだろう、と思ってしまいます。

子供のように身長がグングン伸びたりという目に見えての成長でなくても、
カラダの中では日々、分解・排泄・補充が繰り返されていて、
それが毎日を頑張れる力、カラダにつながっていると思います。

カラダをつくっているもの。細胞や血液、骨そして、たんぱく質。
人体の髪の毛も爪もたんぱく質から組成されています。

ここのところ、自分で分からない聞きなれないカタカナ語を
調べると、たんぱく質の総称であったり、たんぱく質の1グループ
であったりすることがあり、「たんぱく質」よく知られたワード
ですが、本当に様々あるのだなとあらためて知ります。

たんぱく質。必須栄養素のひとつでもあり、
一日の摂取目安量として、成人男性は70g、女性は60g
とされているのだとか。
体内合成がムリな種類もあり、飲食からの摂取で、
体内でそのままでは利用不可で、一旦肝臓に送られて
体内消化によってアミノ酸に分解される、らしいのです。
そのアミノ酸が体内の各組織に送られ、
さらにそこから身体に必要なたんぱく質が合成される!
という仕組みなのだとか。
臓器や筋肉の構成成分となり、わたしのカラダを動かす!

一定期間で、分解・排泄・補充を繰り返していて、
常に適量たんぱく質を摂取することが重要なんだとか。

ランナーのレース前の食生活として、「カーボローディング」
というものがあって、これレース前一週間の前半3日間に
たんぱく質をたくさん摂取。後半3日間になったら炭水化物をたくさん摂取!
というもの。結果にうまく活きるかどうかも人それぞれ。
実際全ランナーが行っているわけでもないようですし。
炭水化物好きなわたしは、ローディング中と銘打って、
一週間増量摂取に精を出すこともあります!

分析して食事するよりも、季節のものを美味しく感じながら
食べることを愉しむのが一番ですね!
その際に、この食事のひとつひとつがわたしを組成しているのだ
と思うと食材にも慈しみが生まれる、かも。
ソラマメ、たらのめ、新ジャガイモ、鯵に鰹。春の旬です。
鯉、は空に泳ぐ時季。健やかなる成長を~!

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/818

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535