• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2014年6月

夏草の兵ども

夏開幕までの五月雨の時期。
梅雨といったらしとしと雨のイメージ
でしたが、
おかしな降り様の雨模様が多く
ひょうが積もるという驚きの現象も。

どうしちゃったんでしょう。日本。
どうしたのか。ニッポン。

サッカーW杯。まさに今絶賛開催中。
ブルーのジャパンチームは残念ながら敗退。
難しいんだな、実力を出し切るということ。
容易ではないんだな、臆せず気負わずということ。
違うのだな、やはり世界レベルは。
見せ付けられました。

闘うということ。競るということ。
日々、皆、何かと闘ってるものですよね。
おおかた、自分との闘い。眠気や甘い誘惑と。

いつも同じところにいては成長は無いし、
分かっていることだけに挑んでいても面白くは無い。

今の自分の実力、本当の自分より少しだけ高いところに
己(身)を置くと、強くなれる。伸びるよ。
と、趣味のコーチから最近言われた言葉。

チームでの闘い、指揮官がいて、戦術があって、
相手があって。そういうものは、本当に相当に難しい。
のだろうに、とまた思ったのでした。

出番が終わったから終わりなのでなく、
次こそへ繋げるための振り返りと検証、
それこそが苦しいけれど最たるところなのでしょうか。

スポーツでも芸術でも、職務でも。

「目が覚めて 夢のあと
 夢はつまり 想い出のあとさき」
夏が過ぎ~、と謳う歌がありました。少し違う様相ですが
ニッポンの夏はこれから!梅雨が明けて夏が来る。


開催中の祭典は、強豪勢だけに絞られていき
これからが益々の盛り上がりステージですね。

 

 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/825

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事