• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2014年11月

プラスの効果

イルミネーションが華やぐシーズン。
来年の話をしても鬼に笑われない時期です。

マラソンもオンシーズン!
先日、秋のウルトラマラソンに参戦してきました。
しかし残念ながら今回クリアならず。
フルマラソンを過ぎてのふたつめの関門で
制限時間オーバー、、あえなく終了。

この大会でまたふと感じたことがあり。

初対面のランナーが共にに鼓舞してがんばれる
というのは珍しくないですが、
スタート間もなくからついにはゴールまで
ずっと一緒に上って下って走って、
共に完走した初対面二人組がおりました。
これぞ相乗効果だ!と感心させられ。


わたしが今回縁あって知り合えた女性の方。
と、参戦した我々が以前よりつながりのあるおじさま。
その二人が今回レース中にコース上でたまたま
初めまして、のランになり。
父娘のような組み合わせ。
わたくしも途中までは追随ラン。
が、ペースが少し違うと感じ、そこから離脱。

ベクトルが同じだとパワーに繋がり、
その日パワーを同等持てていると更に高まり。

腰痛持ちというこのおじさん、痛み発症せずと言い、
初ウルトラだった女子も見事に楽しく完走だったと
10時間の初対面共走。なんだかすごい。

縁とは不思議なもので。
こうやって仲間が増えて繋がってゆく。
走りに限った話でもなく
頑張るという根性論だけでなく、
何かを進める際に自分が愉しむのと同時に
ひとりではなく共に進みましょうの意気がその空気をつくる。

自分にも今回十分な力が備わっていたら、
リタイアにはならずに?などと甘いぬるい妄想が。
や、練習不足なのですけど。

出会うタイミングに、自分のパワーがどの状態かによって
展開が変わってきたり?などと、考えると愉快です。

 

また、この大会、地元の特産品を活かしたもてなしエイドが
美味しくて本当によかった。
脚が遅いと売り切れ御免でありつけないものもありましたが。
猪、野菜とスープと、干物、等々そんなラインナップでした。


エネルギーを消費した分、リカバリーしなくては。で食事から。
スポーツ後30分以内の摂取がグリコーゲンレベルをより高く
蓄えられるらしいです。

すばやく摂取すべくは糖質、たんぱく質、クエン酸。
あんまんよりも肉まんだそうで。
天ぷらよりもから揚げなんだとか。

運動の貧血予防に鉄分の摂取。
鉄分には、ヘム鉄(肉・魚)と
非ヘム鉄(米・ほうれん草等)があるそう。
圧倒的に、ヘム鉄のほうが吸収率がよいらしく。

そして、ここにも組み合わせというものが。
鉄分の吸収促進には、ビタミンC、たんぱく質と一緒に
摂取することがよいのだそうです。


組み合わせることで、本来以上のものになる。
よく知られている美味しい組み合わせだとか、
栄養素になるとか。
いい影響力になるとか。

組み合わせの妙、みたいな発見ができたら嬉しいです。
食べ物でも。人でも。

もちろん単品でも強いに越したことはありません。

鍛えて、磨いて、追随ではなく引張るくらいを目指してみるか!

シーズンは始まったところ。

 


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/1089

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事