• トップ >
  •  テタリススタッフブログ >
  •  2015年1月

熱量 

節分が近づいている睦月、月末。
寒い季節。
この寒さの中でも、水仙が開花しているのを
小学校の校庭で見かけた。
強く美しい。なんともよい。

仲睦まじく今年も動き始める。
交流ある面々と会って
今年の目標やら抱負やらを聞く機会もあり。
やはり身体を動かす関連の方々の声を聞くことが多く。

今回、そういう声をそのまま記してみようと思う。

「鈍感は時に強み。細心であれ。小心になるな。」
というようなことを仰ったのは栗山監督だそうで。
わたしはコアトレーニングの先生を介して教えてもらった。

これを引用して、自分の身体に細心になり何処が弱くて、
どこが強みなのか、如何に何を鍛えるのか。
ただただなぞるのではなく、分かって鍛錬。
ただし、あれこれ気にし過ぎて臆病にならないこと、と。

 

「コンディション(調子、コース)天候、そういった条件が全て
整うことなんてまずない。それだけマラソンは難しいもの。
だからこそ、もがいて苦しんだときに結果が出たときの喜びは
ひとしお。だからこそ、私はランが好き」
こう言ったのはラン仲間。女子でかなり高みを目指しているランナー。

大きな大会で好結果が出ずの際、発していた。

刺激的だった。
すっかりぬるくなってしまっている自分には。

同じことをやり続けていくのには、熱い思いの持続が必要。
飽きる、までいかなくも、トーンダウンしてしまうときが来る。

嫌になったのか?自分は。と自問することもある。
が、周りの様子を見聞きすると、触発される。気になる。
やっぱり自分もすきなんだな、と自覚する。

願望は達成したい。楽に手に入れられるようではつまらない。
どこに置くかは自分で分かって自分で決める。
無言実行中の友人もいる。
わたくし自身は、彷徨い中。

 

年頭に熱量を注がれた。
上げていこう。急速沸騰でなく、じわじわと。

そして長くエネルギー帯電ができるように。

 

 


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/1137

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535

最近の記事