メッセージ

春一番が吹いたところもまだのエリアも
もうすぐ春ですね。
いや、すでに春の始まりです。

ランニングしていて近所の公園が
様変わりしているのに驚き、
春を感じて嬉しくなった最近です。
梅の樹が植樹され、菜の花が植えられていました。

「とらないでください」というメッセージボードも
そこには一緒に植えられていました。
撮るのはいいけど。盗るのがもちろんだめ。


メッセージはシンプルが一番、と思います。
もう定番になったトイレ内のメッセージ。
「きれいに使いましょう」ではなく
「きれいに使っていただきありがとうございます」

つい先日の東京マラソンでも
たくさんの応援メッセージで都内コースが賑わい、
わたしも大きなメッセージ紙を持ち
沿道でランナーを鼓舞しました。

「走りたかったんだからね。笑顔でね!」
というメッセージ。
これ。実は、自分が昨秋の大阪マラソンで見て
ハッとさせられ頑張らねば!と思わせられた文句。
ここぞと真似てみました。

フルマラソンの39km地点、あと3kmの非常にしんどいところ。
ここで、この文句を目にしたランナーたちの反応。
その気持ちが分かって、妙に実によかった。
苦笑い、本当の笑い、ペコリ会釈するひと、
ごめんねぇと謝る方まで。
いやいやいや、そうでなくて。
落選の恨み節ではないのですよ。
最後まで愉しんで頑張ってほしくてのメッセージ。

粘れ!負けるな!頑張れ!応援といったら、の応援。
それも交え、あえて、こちらの思いを届けるメッセージ。
読み手がそうだよね、と頷くメッセージ。


春はお別れとスタートと節目のシーズン。
メーッセージを伝える機会も多くなるのでは。

シンプルに、そうだよね、と思ってしまうような
そんな思いを言葉にカードに。
送り出しましょ。

 

そして、東北にあれから4年の春がやってきます。
何かをどうにか誰かに伝えなくても、
花、唄、祈り、語り、走り。
思いの表し方はそれこそいろいろじゃないかと思います。
三月という月、複雑ながら特別。


三月のメッセージ。
特定のひとへ限定しなくたって、
届けたい飛ばしたい声、飛ばしてみましょ。
春風に乗せて。


 

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/1142

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535