まだ見ぬ景色

2017年が始動して早くもひと月です。
今年はなにかと大きく変化の年になりそうな
そんな動向ですが、とにかく平穏にいきたい。
そう願います。

遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
当社の製品たちをご愛用いただけたら、と願います。

さっそく早いと感じてしまっているひと月。
この勢いで、春が夏がと来てしまうんじゃないか
とさえ思います。

見るものをみて、感じ取るものを感じ取っていきたいな、と
そこをたいせつに思っています、今年も。

時間の流れは同じだけれど、毎日の暮らしも趣味事も
ただただ闇雲に繰り返していても上がらない、士気も質も。
やはり糧が必要。人間ですから、気持ちひとつで動きが変わります。
ビジョンや目標。

わたしのすきなトレイルランナー鏑木さんの言葉が
先日、新聞記事になっていました。

・わくわくする気持ちが大事。していれば厳しいことも厳しいと感じない
・それには、こうありたいというビジョンが無くてはならない
・冒険心とも遊び心ともいえる広い心の持ち様が大きなエネルギーを生み出す
・めちゃくちゃ追い込んだときの自分が本当の自分なんじゃないかと思う。
 そのとき、何が見えて、何を考えるのか、それが楽しい

ふむふむ。そうですね。と読みいった私です。

そして、近頃、横綱に昇進した稀勢の里関は
・限界と思ってからが本当。そこから追い込む 
・横綱になったら見える景色が違うと言われていて、
 違う景色が見えるように成長していきたい
と、コメントされていました。

さらに、テニスの錦織選手は
・1勝目を取れると景色も変わって見えると思うので早く取りたい
と、以前のコメントで言ってました。

景色。ここのところの好きな単語です。
自分で掴みに行く最高の景色もあれば、
例えば、新しい家族などができたことにより
今までと違った景色に出会うこともあると思うんです。


縁やタイミングもあって、まだ見ぬ景色・山脈を目指しに
夏の計画が動き出したわたしです。
それには様々な学び、語学の学びも必要で。
それも楽しめて習得できるのなら、大きなエネルギーです!

次の休暇プランのために頑張る。
そんな感じでもよいではないですか。


到達点の明確なビジョンがあれば幸せ。
未知の「景色」にわくわくする限り。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://sankei-seiyaku.co.jp/cms/mt-tb.cgi/1337

商品に関するご質問などお気軽にお問い合せください。フリーダイヤル 0120-35-2535