• トップ >
  •  知ってトクする髪の知識

知ってトクする髪の知識




夏バテと冷房病にご用心

夏到来。すでにオフィスもショップもエアコンがガンガン効いて、室内は涼しさを保っています。夏なのに暑さを感じずに、いつも涼しい室内で快適なのはいいですが...。ちょっと待ってください!夏バテの原因には「エアコン」も大きいことをご存知ですか?
 特に女性は身体が冷えてしまい、「冷房病」を自覚して体調を崩す人も少なくありません。ところが暑がりで冷房大好き、帰宅するとまずはエアコンの設定を「18度・強風」にしてガンガンかけるという男性も「何だか身体がだるいなあ」の原因が冷房にあるかもしれないのです。
 そもそも冷房病ってどんなものでしょうか。そのメカニズムはズバリ「外気の激しい温度変化に、身体の体温調節がついていけないこと」が原因です。
 夏の太陽の下、高い温度にさらされた身体。室内に入るとエアコンの効いた涼しい室内へ。身体は急激に変わった外気温に合わせて、体内を調整します。するとまた暑い室外へ。涼しい室内に合わせて調整したはずの身体は、また暑い外気温に合わせなくてはなりません。一日中、この繰り返しで身体が悲鳴を挙げてしまい「夏バテ」という症状になってしまいます。
 ですから、「冷房病」は一般的に「冷えに弱い」とされる女性だけのものではなく、むしろ暑がりで汗かきで外回りの営業マンなど、環境の温度変化の激しい男性も気をつけた方がよいでしょう。
 対策としては、野外と室内の温度変化を少なくすること。薄手のアウターを所持して、冷房の効きすぎた室内では何かはおって、体感温度の差を少なくしてください。
 ビジネスマンは日中に服装を変えることは難しいと思いますが、暑いからといった自室に帰った時に急激にエアコンをかけないで「26度設定」くらいにとどめましょう。少エネにも配慮できるのが嬉しいですね。
 意外と体感感度に影響するのが頭。行楽やリゾートを楽しむ時は、帽子を被ることで体感温度の変化を抑えられます。帽子で頭部をガードすることは、頭皮にもよい影響をもたらすので一挙両得です。