髪の毛のメカニズム


ミドリ先生のプロフィール

黒崎ミドリ。髪が自慢の29歳。某大学で「髪のメカニズム」をテーマに日夜研究を重ねている研究員。祖父母・両親・弟妹と今どきめずらしい7人家族。趣味はバイクとフラメンコで、プライベートでは意外とアクティブ派。恋人の有無はヒミツ。



秋に抜けない夏のケアは?

~夏のケア 制する者は 抜け毛防ぐ 詠み人・ミドリ~

ミドリ先生はじめまして。毎年、秋になると抜け毛がひどくなります。秋の抜け毛の大きな原因は夏のダメージと聞いたことがあります。 秋の抜け毛をくいとめるために、夏のヘアケアではどのようなことを心がけたらよいでしょうか。 (Y.N 56歳・会社員・男性)

ミドリ先生の答え

夏は髪にどんなダメージを与えるか、ご存じでしょうか。
夏は一年で一番、汗をかく季節。出てきた汗は皮脂に吸収された後、水分だけが強い日差しで蒸発して、汗に含まれる塩分が残ります。塩分は皮脂を固めやすいため、毛穴の皮脂が不潔な状態で固まってしまいます。
また、夏の強い紫外線で頭皮は日焼け状態になり、痛みやすくなるのです。
このように毛穴が汚れて詰まり、頭皮はひどいダメージを受たままでは髪に栄養が行き渡らず、秋に抜けてしまいます。
Yさんは毎年、秋に抜け毛が気になるとのことなので、夏のケアに力を入れることをおすすめします。日常の中でできる簡単なセルフケアだけでも、随分変わりますよ。
まず汗をかいたら、すぐに清潔なタオルなどで頭皮を拭き取りましょう。帰宅したらすぐにシャンプーするのが望ましいですね。洗浄力の高い「テタリス シャンプー」が最適!外出時は日焼け対策に通気性のよい帽子を被り、脂肪分はひかえて野菜やフルーツをたっぷりと摂るのがおすすめです。夏のちょっとしたケアが、秋の明暗を左右します。ぜひ参考にしてくださいね。