2002年11月9日 「日刊ゲンダイ」

2002年11月9日 「日刊ゲンダイ」

日刊ゲンダイ「妙薬探訪」の中で、「10日で効果実感できる 抗がん剤の副作用脱毛も防ぐ育毛剤を東京・麻布で発見」として紹介されました。


妙薬探訪 10日で効果実感できる抗がん剤の副作用脱毛も防ぐ 育毛剤を東京・麻布で発見

1_img.jpg

三恵製薬(東京・港、松原靖社長)は抗がん剤の副作用による脱毛を防ぐローションを一般向けの育毛剤として商品化し、10月から販売を始める。

脱毛、ハゲは中高年男性の大きな悩み。さまざまな育毛・養毛剤を試してはガックリというのが現実だ。ところが・10日間で効果が実感できる″とうたう育毛剤があった。
「薬用テタリス」といい、製造元は1923年創業の三恵製薬(株)。東京のド真ん中の南麻布にある。松原靖・4代目社長(70)が効能を説明する。

「ほとんどの育毛剤の主成分はセンブリですが、『薬用テタリス』はタンパク質のアルブミンです。
アルブミンは毛髪の成長に必要な成分で、毛根の血行を促進し、抜け毛を防ぎ、毛髪の育毛を図るばかりか、髪にハリとコシを与えて健康な毛髪に改善します」
そして、なんと、朝と夜の1日2回(1回2~3ミリリットルを目安)の使用で、10日後にはその効果が実感できるという。
さらに画期的なのは、抗がん剤の副作用による脱毛を防ぎ、止めることができるというのだ。このことは、武蔵野赤十字病院などで実証済みだ。
82年の発売当初は医薬品の認可が得られず、化粧品として売られたが、ようやく認可がおり、この10月から「薬用テタリス」とリニューアルして発売された。
「若いうちは髪の毛を生やす能力が100%あるが、年をとると毛根に豊かな血液が行かなくなる。血液とタンパク質の循環が悪くなるからで、それを補ってやるのが『薬用テタリス』です。
私も60歳位からハゲてきて使用していますので自信を持ってお薦めできます。さらに、今のところ、抗がん剤の使用による脱毛を止められるのは『薬用テタリス』だけです」(松原社長)

宣伝もせずに年間3億円以上の売り上げがある隠れた人気商品だ。
薬用テタリス 75ミリリットル2本入り(約1ヶ月分)で4,200円(税込)。
問い合わせ:0120-35-2535